東北・秋田のプロ人形劇団クスクス

Eプロ ぼくはしょうぼうしゃ/ブタとオオカミ(ペープサート)

ぼくはしょうぼうしゃ

子ども達は身近なものから想像をふくらませて「遊び」の輪を広げてゆきます。
心の中にゆたかな泉を持っているのでしょう。
「遊び」は感じる心を育てます。
私たちの人形劇が、そんな心の泉から湧き出す「想像力」をくみ上げる、小さな手助けが出来たらと願っています。

作・演出/伊藤 晃  音楽/西尾 賢  美術協力/佐藤 未歩
出演/伊藤 典子・伊藤 晃
【上演時間30分】

ジョンは小さな消防車です。
火事を消すため一所懸命に走ります。
でも故障ばかり。

ジョンはクーパーさんのおじいちゃんが作りました。

ずいぶん古くなって、壊れて捨てられそうになっていたのをクーパーさんが直したのでした。

今日もクーパーさんが修理していると

「こんにちは」

誰かか消防署にやってきました。
ジムという男の子です。

「ぼく、消防車を描きにきたの。
先生が一番好きなものを描きなさいって」

ジムはジョンの絵を描いてくれました。
「これは僕たちの宝物にしよう」

すると、止まっていたジョンのエンジンが

ブルン、ブルンと動き出して…。

ぼくはしょうぼうしゃ5 ぼくはしょうぼうしゃ6

ぼくはしょうぼうしゃ1 ぼくはしょうぼうしゃ2 ぼくはしょうぼうしゃ3 ぼくはしょうぼうしゃ4

ぼくはしょうぼうしゃ7 ぼくはしょうぼうしゃ9 ぼくはしょうぼうしゃ10

ブタとオオカミ(ペープサート)

ブタとオオカミ1 ブタとオオカミ2

ちいさいブタと おおきなブタが
すてきな うちをつくりました
・・・そこへ オオカミがやってきて
プー プー の プーッ!

「クスクス」のペープサートレパートリーです。
様式は古典ですが、ワクワクする新しさが詰まっています。
どうぞお楽しみください。

作/永柴 孝堂  演出/クスクス  【上演時間25分】


人形劇の紹介