東北・秋田のプロ人形劇団クスクス

Dプロ かさじぞう

かさじぞう

北国の冬を情感豊かに描きました。
美しくも、静かな雪の景色です。
人を助けるのは、やっぱり「人の温もり」ではないでしょうか。

作・演出・美術/伊藤 晃  音楽/西尾 賢  美術補/佐藤 未歩
出演/伊藤 晃・伊藤 典子
【上演時間45分】
※このプログラムは「かさじぞう」一本です。併演の人形劇はありません。

むかし、むかし。

雪のたくさんふる山の村に、爺ちゃと婆ちゃが仲よく、笠をつくって暮らしておった。

あすは正月というのに、餅も魚もない。

そこで二人は一所懸命に笠をつくると、爺ちゃが里の市場へ売りにでかけた。

ところが、笠は一枚も売れなかった。

しょんぼりと帰ってきた爺ちゃは、雪の中に寒そうに立っている地蔵さまをみつけた。

「かわいそうに」

背負っていた笠をぜんぶかぶせてやると、家に帰って、
さくさく飯をくって、布団をかぶって、婆ちゃと寝てしまった。

その夜のこと、
雪の中を、重いそりを引いて、近づいてくる唄がきこえた。

じっちゃのうちは どこかな
かさうりの じっちゃ
もち もってきたぞ
かさをかぶった じぞう

かさじぞう1 かさじぞう2 かさじぞう3 かさじぞう4

人形劇の紹介